日焼けをしたときの対処方法

紫外線対策をしっかりしていたのに、うっかり日焼けをしてしまうことがありませんか。そのままにしておくと、肌トラブルを招く心配があります。では肌トラブルを防ぐために、日焼けをしてしまったときどのような対処をしたらいいのでしょうか。

日焼けをしている肌はやけどをしたときと同じような状態になっています。やけどをしたら冷やしますよね。それと同じで、日焼けをしたときもまずは肌を冷やします。

直接氷を当てると肌の負担になるので、保冷剤をタオルでくるんで当てるか、冷水に浸して絞った冷たいタオルを当てて冷やしてください。

肌がダメージを受けて弱っているので、化粧品でケアをしないようにしましょう。美白化粧品でケアをしたくなるかもしれませんが、化粧品でのケアは肌が落ち着いてから行ってください。

肌が落ち着いたら、刺激が少ない化粧品でケアをします。敏感肌用の化粧品は低刺激で、日焼け後のケアにおすすめです。熱を持って乾燥しやすくなっているので、保湿をしてください。
PR|ボタニカルなメンズ化粧品はクワトロボタニコ